WEB制作【大阪】アイジス

ホームページの基礎知識

 

ホームページ制作を検討している!

そういった際に最低限覚えておいたほうがいい言葉・知識をやさしくご説明いたします。

※本ページは基本的な内容を一般の方にもわかりやす様に、やさしい表現を用いて解説しています。

その為、狭義では一部意味合いが違う場合もありますがご了承ください。

 

●ホームページ

本来ホームページとはインターネットに接続した際、一番初めに表示されるページの事。

ですが、現在では会社やお店のWEBサイト自体を指すようになっています。

 

●ブラウザ(WEBブラウザ)

インターネットに接続する為のソフトウェアの事。

現在多くの方がウインドウズを搭載したパソコンを利用している為、『e 』のマークを

クリックすればインターネットに接続すると思われている方もいますが、あれはマイクロソフトの

「インターネットエクスプローラー」(IE)というブラウザソフトです。

他にもmozilla(モジラ)の「ファイヤーフォックス」やGoogle(グーグル)の「グーグルクローム」、

Apple(アップル)の「サファリ」などがあります。

インターネットエクスプローラー ファイヤーフォックス クローム サファリ←各ブラウザのアイコン

 

●検索エンジン

検索エンジンとはインターネット上にある情報を検索する為のプログラムの事をいいます。

検索エンジンを利用している主な検索サイトYahoo・Google・Bing

(Yahooは独自開発のYSTという検索エンジンを使用していたが、日本では2010年7月からGoogleの

検索エンジンを利用している)

 

●SEO

SEOとは「Search Engine Optimization」サーチエンジン オプティマイゼーションの略であり、

検索エンジン最適化という意味です。

Yahooなどで何かを検索する際に、より上位に表示されるように検索エンジンにあわせて

WEBサイトを調整すると覚えていただければいいでしょう。

 

●SEM

SEMとは「Search Engine Marketing」サーチエンジンマーケティングの略であり、

いかに検索エンジンを有効活用し、自社のWEBサイトに購買意欲の高い顧客を呼び込む事ができるか、

その集客手段を差す言葉と考えてもらえればいいでしょう。

SEMの手段としてSEOがあり、その他有料での広告活動などもSEMの手法の一つです。

 

●URL

URLとはUniform Resourse Locator  ユニフォームリソースロケーターの略であり、

接続方式やWEBサイトの住所(場所)などを表しています例) http://www.○○○○.com/index.html

 

●ドメイン

URLの『 ○○○○.com 』の部分です。

ドメインは基本的に世界に一つだけしか取得する事はできません。

ドメインにはccTLD(国や地域単位で与えられ取得可能なドメイン)

gTLD(特に国や地域に関係なく取得する事が可能なドメイン)

などがあり、ccTLDの中には属性ドメインと汎用ドメインがあります。

ccTLD属性ドメイン→co.jp/ne.jp/or.jp/gr.jpなど

ccTLD汎用ドメイン→.JP(日本の場合)

gTLDドメイン→.com/.net/.info/.bizなど

特にccTLD属性ドメインであるco.jpは一法人に一つしか取得できない事から

会社オフィシャルサイトによく使用されています。

 

●Flash(フラッシュ)

Adobe Systems社のアニメーション作成するソフト。または作成されたコンテンツ。

Flashを見る為には「Flash Player」が必要。「Flash Player」は無料で取得可能。ダウンロードリンク

動きのあるアニメーションでWEBサイトに面白みをだしたり、マウス・キーボード操作などで直接操作できるなど画像だけでは不可能な閲覧者の興味を引く表現をおこなう事ができます。

 

●サーバ・サーバー(Server)

ホームページに関連する場合サーバといえば基本的にはホスティングサーバをさします。

ネットにつながった、ホームページのデータを置いておく高機能なPCと考えていただければ結構です。

自社で運用する場合、サーバ自体の価格、設置場所、メンテナンス、不測の事態等対応が難しい為、

現在では専門の会社のホスティングサーバの一部をレンタルし運用する事が多いです。

メールなどもサーバ(メールサーバ)を介して送受信をおこなっています。

 

●コンテンツ

コンテンツとは内容や中身という意味ですが、ホームページ制作会社の場合

多くはホームページの内容(主に内部ページの内容)の意味で使用します。

例えばパン屋さんの場合、パンの種類・店主のこだわり・お店の紹介など

ホームページに掲載したい内容を意味します。

 

●アクセス解析

ホームページへの訪問者数などを数字やグラフなどで表す事をいいます。

昔は単純にホームページを見た人数や時間などでしたが、現在では

訪問者の地域・ブラウザ・検索ワード・滞在時間・参照元リンク(どのサイトから来たか)

などなど多くの事を知る事ができます。ホームページ制作会社ではそれらの情報から

SEO対策やSEMを考えたり方向性の修正をおこなったりします。

アクセス解析のシステムは多くの会社が提供していますが、

現在多くのホームページ制作会社ではGoogleのGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)

を利用しているのではないかと思います。

 

●HTML

HTMLとは「HyperText Markup Language」ハイパーテキスト マークアップ ランゲージの略であり、

簡単に言えば、WEBサイトの構造を記述する為の言語と覚えてもらえれば十分です。

HTMLを記述する為に「<」や「>」の記号で囲まれた部分をタグといいます。

現在ではHTMLの標準化(正しい記述)が進みXHTMLという形式で記述される

WEBサイトが好ましいとされています。

※最近はHTML5という最新の記述方法もできています。

 

●サイトマップ

本来ホームページのコンテンツを一覧画面で表示して

訪問者がすぐに目当てのコンテンツを閲覧できるようにする為のページの事をいいます。

サイトマップを作成したほうが検索エンジンもそのサイトの構造を把握しやすく、

SEO対策にも効果があるといわれています。

ホームページ制作会社の場合、クライアントにホームページの企画提案をする際、

こういったサイトマップを事前に作成しプレゼンテーションをおこなう事があります。

 

●CSS

CSSとは「Cascading Style Sheets」カスケーディングスタイルシートの略です。

たんにスタイルシートとだけ呼ぶことの方が多いです。

主にレイアウト(デザイン面)や、フォントの大きさ、行間、などを定義する規格になります。

昔のWEBサイトはHTMLでそういったレイアウトなどをすべて決めていましたが、

CSSという規格になってからはWEBサイトの中身はそのままでデザイン・レイアウトだけを変更する事が

容易になりました。(主にブログなどでデザインを簡単に変更できるのもCSSのおかげですね。)

googleなど検索エンジンに関してもCSSでレイアウトを定義する事を推奨しており、

現在のホームページ制作会社はCSSを使用してホームページを制作する方法が一般的です。

 

●被リンク

被リンクとは、SEO対策についての説明時によくでてくる言葉です。

簡単にいえば他のWEBサイトから張られるリンクの事をいいます。

被リンクの中でも、他のWEBサイトとお互いにリンクをはりあう事を「相互リンク」といい、

一方的にリンクしてもらう事を「ナチュラルリンク」といいます。

SEO対策の中でも、非常に重要な要素の一つではありますが、単純に被リンクの数ではなく、

その質も重要な要素になっています。SEO対策・被リンクについて

 

●スマートフォンサイト

近年、急激に増加しているスマートフォンに最適化したWEBサイトの事。

スマートフォンではPCサイト(いわゆる通常のホームページ)を閲覧する事はできるが、

通常のホームページはPCで閲覧する事を基本としている為、ボタンやテキスト等が小さく

拡大しないと、そのままでは閲覧しにくい。その為、PCサイトをホームページの画面・操作方法に

あわせて最適化したサイトの事をスマートフォンサイト。

又はスマートフォン対応WEBサイトなどと言う場合もあります。

 

●スマートフォン用OS

日本のスマートフォン機種では現在ほとんどがAndroid(アンドロイド)を利用している。

対してアップル社のiPhoneは自社開発のiOSというスマートフォン用OSを利用。

つい最近、発売されたWindows Phoneについては自社のスマートフォン用OS

「Windows Phone」を利用している。

 

●SSD(Flash SSD)ソリッドステートドライブ

HDDいわゆるハードディスクのような記憶装置。

HDDが磁気ディスクを回転させデータを読み書きするのにくらべてSSDは記憶素子に

直接データを保存する。

その為、衝撃や熱に強く、データのスピードも速い。
●WordPress(ワードプレス)

ワードプレスとはフリーで利用するできるブログシステムです。

PHPというプログラムで構築されていて、プログラムの開発をおこなう事ができます。

またデータベースの構築をおこなう事も可能です。

ただし、ワードプレス単体では基本的な機能しか利用できないため、

多くの有志が開発したプラグインというシステムを利用しカスタマイズすることによって

様々な機能を追加することができます。

 

●Cookie(クッキー)

WEBサイトがWEBブラウザ(インターネットエクスプローラー等)を利用してPCに

データを保存する仕組みです。

例えば楽天市場など一度ログインすると、そのページを閉じてしまっても、

再度楽天市場にアクセスするとすでにログインしている。というような経験があるの

ではないでしょうか?そのような認証情報などを一時的にPC内に保存しておく

技術です。(一時的というのはCookieには有効期限が設定されており、時間がたつと

その認証情報は失われてしまいます。)