ホームページ更新代行サービスを利用する主なメリット

01コストダウン

コストダウン

WEB担当者を雇うより大幅にコストを削減できます。平均年収で年間350万円以上のコストがかかり、その他ホームページを制作、更新するためのソフトウェア料金等ももちろん必要です。
アイジスなら月額22,000円から対応いたします。

02サイト品質維持&向上

サイト品質維持&向上

社内スタッフの方が運用するとSEO的にも見栄え的にも品質が低下する傾向があります。
アイジスはWEBサイト制作会社としてプロ品質のサービスをご提供いたしますので、品質保持はもちろんのこと品質向上に努めます。

03ホームページ放置の回避

ホームページ放置の回避

会社、店舗の顔とも言うべきホームページが放置されているとイメージダウンしかございません。
アイジスでは更新忘れチェックサービスもありますので定期的な更新で常に最新の情報が掲載されたホームページ運用が可能です。

04本業に専念できる

本業に専念できる

更新を依頼するときの最低限のやり取りだけで、残りの時間は本業へリソースが割けます。
アイジスへの依頼はお電話、FAX、メール、LINEなどお客様にとって一番手間がかからないものをご利用いただけます。

ホームページ更新代行を利用する事で余計なコストを削減しリスク回避が可能!

多くのリスクをアイジスが全て引き受けます

企業、店舗にとって多くのメリットを享受できるはずのホームページが、経営にリスクを及ぼしていては、元も子もありません。
本来の業務に専念し、WEBに関しては「その道のプロ」にアウトソーシングする事がもっとも効率的であり、ホームページのクオリティ面でも必ずメリットは大きくなります。

現在ほとんどの企業、店舗で公開されているホームページ。
専任の担当者を雇って更新作業をしている。という状況も多いのではないでしょうか。
もちろん、従業員の方がたまたま得意で更新できている!というパターンも少なくないと思います。
しかし、わざわざホームページ専任の担当者として雇用する事は考えなおされた方がいいかもしれません。
現在ホームページ専任者を一人雇用するとなると、平均年収で計算した場合、年間約300万円の人件費となります。
12ヶ月の単純計算でも月25万円のコストとなります。もちろんその他の業務も含めての雇用となると思いますが、一般的に通常業務を含めての作業の場合、どうしてもホームページに関する作業がおざなりになってしまうケースや、 WEBに関する専門的な知識を活かす事ができず、思っていた仕事ができないという理由で退職するケースなどが多いようです。

また、一概に「WEBに詳しい」といっても、多くの知識が必要とされます。HTMLは当然としてJavaScriptやphpが使えるのか?Flashは?PhotshopやIllustratorは?
そしてホームページを制作や、更新する為のソフトがなければ、新たに購入する必要があります。 最低限必要のソフトウェア購入代金だけでも20万円程度のコストが必要になるのではないでしょうか。 さらに、せっかく求人広告をつかい雇用したWEB担当者が退職したら・・・?また求人広告からやり直しです。
それでも成果が十分に上がっているならいいですが、そうでない場合は、おそらく「時間とお金がかかっただけ。」と感じられるのではないでしょうか。それなら最初からホームページ更新代行サービスを利用された方がメリットは大きいと思いませんか? 万が一にも事業形態の変更など、ホームページが必要なくなってしまった場合でも、社員を簡単に辞めさせる事はできませんが、 更新代行のアウトソーシングであれば、契約期間(アイジスの場合は一年)で終了する事も可能です。

  • 今後のホームページ管理・運営方法について悩んでいる!
  • ホームページ担当者が退職してしまった!
  • 現在ホームページを放置してしまっている!
  • 現在依頼しているホームページ更新代行業者に不満がある!

こんな企業様、店舗様は是非一度アイジスにご相談ください。必ずお喜びいただける自信があります!

ページTOP